リースづくりで余った花材も大活躍!
ボタニカルなクリスマステーブルのアイデア

リースを作って、ツリーを飾って・・・クリスマスの準備、進んでいますか? おうちクリスマスの一大イベント、ファミリーや友人たちを招いてのホームパーティーも楽しみですね。今年は、リースづくりで余った花材も活かして、ボタニカルなクリスマステーブルはいかが? スタイリストの池ももこさんがちょっとした工夫でおしゃれに見えるアイデアを紹介します!

 

 

アイデア1:リースをキャンドルスカートに

食卓風景にひとつあるとムードの出るキャンドル。シンプルなものはそのまま添えるだけだとイマイチ特別な日感が出ませんよね。そんなときに使えるのが、リースをキャンドルスカートにするアイデア。ゴールドフープの小ぶりなリースは食卓の中心に置いてもそれほど幅をとらないのでオススメです。余った花材をキャンドルホルダーに添えて飾れば、さらにクリスマスムードが高まりますよ(※花材をホルダーに入れる場合は、移り火に注意してください)

 

 

アイデア2:スワッグ&余り花材をセンターピースに

ここ最近トレンドのスワッグをクリスマスバージョンにアレンジして、テーブルの上でも楽しんでみましょう。ローズマリー(大きめなものがオススメです)やユーカリなど、香りも楽しめるグリーンをサッと束ねて食卓の中央に置いたら、リースづくりの余り花材を添えるだけ。あっという間にオシャレなセンターピースが完成します。

花材を添えるときのポイントは、とにかくきれいに作ろうと意気込まずに楽しく飾りつけをすること。束ねたグリーンのスワッグをツリーに見立てて、そこに飾りを吊るしていくようなイメージで、少し間隔をあけて気の向くままに楽しく彩りをプラスしてみてくださいね。

 

 

アイデア3:あまり花材+フローティングキャンドル

100円ショップなどでも手に入りやすいティーライトキャンドルで作れるオリジナルのフローティングキャンドルのアイデアです。

小粒でコスパのよいティーライトキャンドルは、大きなキャンドルよりも使うハードルが低く、透明なグラスなどに水を張って浮かべるだけで、こなれ感のある即席テーブルウエアになります。余り花材やハーブ(ローズマリー)などを水面に浮かべれば、ゆらめく炎の中できらめくクリスマスカラーが食卓をパッと華やかにしてくれますよ。浮かべる花材やハーブ類はグラスの大きさに対して7割くらいのボリュームで入れてみるとバランスがとりやすいです。

 

 

ボタニカルなテーブルアイデア、いかがでしたか? お手製のケーキスタンドの作り方やおしゃれなプレートアイデアは第2弾でご紹介します!

第2弾に続く>>

 

池ももこ

元アパレル商社のPR。お米もまともに炊けなかった料理オンチを独学の料理で克服した経験から、誰でも簡単華やかに作れる4stepレシピを開発。4工程とは思えないビジュアルの良さと手軽さが評判となり、料理家・フードスタイリストとして企業広告やテレビCM等を中心に活動をはじめ、リゾートホテルのライフスタイル撮影の空間スタイリングや美容・ヘアケア商材のSNSECサイトのビジュアルづくりにも携わる。

 

 

  

季節を楽しむおすすめアイデアを紹介中♪

Craftie Homeでは毎月、その季節にぴったりな特集を公開中!
おすすめのアレンジアイデアや素敵な飾り方、暮らしの中での楽しみ方など、キットをより楽しめるコンテンツを順次公開しています。

季節を楽しむおすすめアイデア特集はこちら>>

 

← 前の記事 次の記事 →