「ミモザでつくるアロマワックスサシェ」の作り方レシピ

アロマワックスサシェは、ワックス仕立てのルームフレグランス。「火を灯さないアロマキャンドル」ともいわれ、ほのかな香りを長く楽しめるのが魅力です。このレシピでは丸形のモールドを使って、基本の作り方をご紹介します。

目次

このレシピの対象キット

ミモザでつくるアロマワックスサシェ

キットに含まれているもの

キットが届いたらまず材料がそろっているか確認しましょう。

    • ソイワックス 100g
    • パラフィンワックス 100g
    • モールド 丸形  直径8cm(ワックス使用量 約55g)
    • モールド 長方形  横5×縦10cm(ワックス使用量 約60g) 
    • 花材セット
    • リボン1m 

    花材詳細:
    1.アンモビューム 2.ミモザの花 3.ミモザの葉 4.ユーカリ 5. オレンジ 6.アジサイ 7.ペッパーベリー 8.モリソニア 9.ボアプランツ

    用意するもの

    • ハサミ
    • ピンセット
    • 測り
    • IH ヒーターまたはガスコンロ
    • IH ヒーターの場合:ホーロー鍋またはホーローカップ
    • 湯煎の場合:普通の鍋またはビーカー
    • 温度計(電子タイプ・一般的な温度計も可)
    • 割り箸
    • フレグランスオイル(お好みで)
    • 汚れ防止の下敷き(新聞紙など)

    作り方

    花材の配置を考えます

    1. ワックスを溶かす前に花材の配置を決めます。花材をハサミでカットして、モールドの中にピンセットで並べてバランスを見ます。お花の大きさや長さはお好みで。モリソニアはワックスの中に埋めるので、細かくカットしておきます。
    [ ポイント ]
    ワックスはどんどん固まっていくので、ワックスを溶かした後は作業スピードが重要になります。あらかじめ花材の配置を考えておくことが大事です。
    花材の分量は、バランスよく飾ってサシェ2個分が作れます。ワックスはサシェ3個分作れますので、お手持ちのお花で楽しんでください。
    2. 配置が決まったらスマートフォンなどで写真を撮っておきます。


    ワックスを準備します

    3. 鍋にパラフィンワックスとソイワックスを1:1の割合で入れましょう。
    (丸形のモールドならそれぞれのワックスを約27g、長方形のモールドならそれぞれ約30gずつ用意しましょう。)

    IHヒーターの場合:直接鍋にワックスを入れます。そのままIHヒーターにかけ、中火程度で加熱してください。

    湯煎の場合:一回り大きい鍋に水を入れて加熱し、沸騰したら火を弱めて、ワックスの入った鍋をお湯に浮かべて温めます。
    ※ワックスに水が入るとうまく固まらなくなるので、沸騰しすぎないよう火の強さを調整してください。
    ※鍋は熱くなるので火傷をしないように注意してください。

    4. ワックスが溶け始めたら、割り箸などでワックスが溶けきるまで混ぜましょう。
    5.ワックスが溶けきったらIHヒーターから鍋を下ろして、ワックスに温度計を入れます。60度まで下がったら、お好みでフレグランスオイルを入れてよく混ぜます。
    [ ポイント ]
    温度計がない時は粗熱が取れたタイミングが目安です。フレグランスオイルは種類によりますが、ワックス全体量の4~6%程度を目安に入れてください。

    6. ワックスをゆっくりモールドに流し込みます。モールドの深さの8割程度までが目安です。


    花材をトッピングします

    7. モールドの縁がほんのり白く固まり始めたら、モリソニアをピンセットでつまんでワックスの中に散らします。


    8. トッピングする花材をピンセットでつまんでワックスの表面に飾りつけます。ワックスは固まり始めると早いので、素早く作業しましょう。
    [ ポイント ]
    花材を置くのが早すぎると、ワックスに沈んでしまい、固まったときに見えなくなってしまいます。タイミングをよく見て花材を乗せましょう。
    9. 飾りつけが終わったら平らな場所に置き、半日〜1日ほど放置し、固めます。

    10. 完全に固まったらそっとモールドから外します。
    11. リボンを通してでき上がりです。

     

    完成したらシェアしよう♪

    作品が完成したら #クラフティホーム のハッシュタグをつけてInstagramで投稿してぜひ作品を見せてください!
    素敵な作品は公式インスタグラム @craftiehome.jpやサイトで紹介させていただきます^^

    注意事項

    ・ワックスを入れた鍋などの食器は食品に使用しないでください。
    ・火を使うので、目を離さないようにしてください。また、使用する鍋なども熱くなるので、火傷には十分注意してください。
    ・この商品は食べ物ではありません。誤飲・誤食のおそれがありますので、小さなお子様には絶対に与えないでください。
    ・花材やワックスが目や口に入らないように注意してください。万一、目や口に入った場合は、すぐに水ですすいで、異常が見られた場合は医師に相談してください。
    ・廃棄する際は自治体の指示に従ってください。

     

    レシピ

    ← 前の記事 次の記事 →