【体験レポ】母の日に感謝の気持ちを込めておそろいキットで手作り時間

こんにちは、Craftie アンバサダーの丸山悠美です。
今年の母の日は5月9日ですね!

 

皆さん、母の日ギフトはどうしましたか?

我が家では「いつもありがとう」の感謝の気持ちを込めて、今年は母娘で、手作りに挑戦してみました。

小学三年生の娘も「ばぁばに世界でたった一つの贈り物をしよう!」と大張り切り♫

今回使ったキットは

Craftie Home【母の日ギフト おそろいセット】の

「おそろいセット2:ボタニカルキャンドル「癒しのピンク」×「カレイドフレームの花飾り」

母の日ギフトスペシャルとして、Craftie Homeで提案中の「おそろいセット」!1つは贈り物に、もう1つは自分のために。

母の日のおそろいギフトをみる>>

おそろいセット2の内容は、ピンクのお花の“おそろい感”が嬉しい、キャンドルとカレイドフレームのセットです。

自宅に届いた、段ボールに丁寧に梱包されたキット。

シールを剥がしてキットの箱を開けるのが、お楽しみのひとつ。

「ここまで綺麗に!?」と思うほど、丁寧に包まれています。

ワクワクが詰まっていて

「ひとつひとつ宝石の原石みたいだねぇ〜!」と娘も嬉しそう。

 

いつも感じるのですが、材料が全て揃っているのは本当にありがたい!!

こんなに色とりどりの可愛い花材たち。

探しながら買い集めるだけでも3日はかかってしまうだろうな…。

 

今回の「おそろいセット」には、なんと特別にギフトラッピングも入っています♫

キットには分かりやすい写真付きレシピがあるので、作り方を自分で調べる必要も一切ナシ◎おすすめです!

母の日ギフト「おそろいキット」をみる>>

 

【”カレイドフレームの花飾り”作り】

中身はこちら。デルフィニウムやユーカリ、ラベンダーがくすみピンクのお花たち。

優しくて大人っぽい、女性のらしい雰囲気ですよね。

まずはカレイドフレームにチュール生地をはさみ込んではみ出した生地をカットします。

※生地がヨレない様に引っ張りながらはさみ込むと綺麗にできますよ!

フレームの準備ができたら、お楽しみタイムのスタート!

グルーガンで花材を付けていきます。(我が家は100円均一でグルーガン&グルースティクを買いました♫)

まずはユーカリなどの草の、背丈のある花材からつけていくのがバランス良く仕上げるポイント!

根元3分の1にグルーをつけて、貼り付けます。

私「どんなデザインにしようか?」

娘「ここに大きいお花を付けたら可愛い気がする〜!!どうかなぁ?」

私「いいね、ナイスアイディア!火傷しないようにだけ、気をつけてね!」

両手いっぱいの可愛らしいお花を見ながら、親子の会話も弾みます♫

小3にもなると、1人でスイスイと作業を進めていきます。

 大きいお花には、しっかりと全体的にしっかりグルーを付けて、貼り付けます。

 

★最後に綺麗に仕上げるポイント★

より完成度を高く仕上げるコツは”隙間を無くす”こと。

隙間を余った花材でうめていくと、立体感が出てますます華やかになりますよ♫

完成♫

「ばぁばはピンクが好きだから・・・♫」と、

華やかなピンクのお花を中身に集めたデザインに。

キラキラした目の娘。子どもの想像力を刺激してくれるキット。大正解だったなぁと、思わず微笑む母です。

母の日ギフト「おそろいキット」をみる>>

【”ボタニカルキャンドル「癒しのピンク」”作り】

そしてお次は、ボタニカルキャンドルを作っていきます!中身はこんな感じ。

可愛さ、優しさ、女性らしさいっぱいの、ピンクや紫のお花のドライフラワーがこんなにたっぷり。

カレイドフレームが可愛くできて絶好調の娘は

「レッツスタートー!」

「まずは、型の内側を、油を垂らしたティッシュで拭いていくよ〜?」

「次は、型の中心にキャンドルを置いてみよう!えい!」

とさながらyoutuberの如くノリノリでした。

 

ワクワクドキドキしながら、ドライフラワーを入れていきます。

奥に入れたい時は割り箸を使うと便利!

キャンドルの四方からドライフラワーを入れていくと、中身がずれずに綺麗に配置できますよ♫

この作業が本当に楽しくって、宝箱に宝物をしまう様な気分になれます。
こんな感じで配置してみました。

ワックス2種類はドライフラワーを型の中に入れている間に溶かしておくと効率的。

無事にワックスを注いだら、割り箸でちょっぴりお花の位置を調整。

半日程度冷まして固めたら、いよいよ型から取り出します・・・!
親子揃って思わず息を呑みながら、そーっと取り出すのですが、この瞬間の喜びはなんとも言えません♫

 

★仕上がりをグッとランクアップするワンポイント★

低温のアイロンでキャンドルの周りをぐるりと当てていきます。

この一手間をすることで、キャンドルに埋もれたお花たちが浮き出て更に可愛いキャンドルになるのでオススメです!

母の日ギフト「おそろいキット」をみる>>

【ギフト用にラッピングしてみました!】

ラッピングセットには、オーガンジーの巾着袋2枚、タグ2枚、色違いのリボン2本、Craftieオリジナルキャンドルラベル1枚がついています。

ラベルの中から好きなメッセージが描かれた1枚を切って貼り付けると、更にハイセンスなインテリアに!

キャンドルに火を灯したら、素敵な空間を演出してくれるんだろうなぁ・・・・妄想が広がっていきます。

キャンドルはオーガンジーの巾着袋に入れて、それぞれ手作りのタグを添えて見ました。
特別なプレゼント感がアップして、「早く渡したいね!!」と胸が高鳴りました。
 

おそろいで揃えると、離れていてもどこか繋がっているような気持ちになれますよね。
何より手作りは思いのこもった世界でたったひとつのギフト。
皆さんもぜひチャレンジされてみてくださいね!

 

 

← 前の記事