カレイドフレームで春を呼ぶ。おしゃれに壁を飾るディスプレイアイデア

「刺繍枠」をキャンバスにした人気のフラワーアレンジメント、カレイドフレーム。Craftie Homeの「ミモザでつくるカレイドフレームの花飾り」キットで手軽に作ることができます。

自分だけのカレイドフレームを手作りしたら、次はどう楽しむか。Craftieが提案するおしゃれアイデアをご紹介します!

 ———

アイデア1 いくつも並べて小さなギャラリーに

カレイドフレームstoryカレイドフレームは1つでも十分可愛いですが、こんなふうに3つ並べて壁に飾ると、小さなギャラリーのような空間ができ上がります。

ブーケやスワッグは、壁一面に複数飾るとちょっと重たくなりがちですが、軽やかなカレイドフレームなら、小さな絵を飾るのと同じ感覚でギャラリーのようなおしゃれな壁面に。

同じ花材を使い、お花のレイアウトだけ変えると、統一されたトーンのなかに動きが生まれます。高低差をつけてリズミカルに並べましょう。

アイデア2 ディテールが大事。ひもやフックにこだわる

カレイドフレームstory壁にフレームを飾るとき、意外に迷うのは、その留め具。カレイドフレームは、枠を直接フックに引っ掛けて、壁にぴったりつけて飾る方法もありますが、今回はあえてひもを使い、アクセントに。

ミモザの黄色に合わせて、くすんだオレンジ色のひもをチョイス。このひもは100円ショップで入手した「スエード調ひも」。きれいな発色と革ひものように見える質感が◎。長さもあえてランダムにして動きを出しました。

コンクリートの壁用のフックも、味気ない白いプラスチックだったものをラッカースプレーでゴールドに塗装。このひと手間でアンティーク風のフックに変身しました。

アイデア3 フレームの余白にカードを添える

カレイドフレームstoryカレイドフレームのお花の配置が、余白を生かしたデザインなら、そのスペースにカードを添えるのもアイデアです。ミモザのフレームなら、「国際女性デー」にちなみ、女性の幸せを願って「Be Happy」を。カレイドフレームstoryフレームをクロスさせたデザインには、ミニブーケと一緒にカードを吊るして。カレイドフレームstory カレイドフレームstory

アイデア 4 大切なもの、思い出を飾る場所として

カリグラフィーのカードのほかにも、フレームに一緒に飾れるものはいろいろ。たとえば、お気に入りだったけれど、片方なくしてしまったピアスやイヤリングなど。大切なものだったけれど、使い道がなくなってしまった。そんなアクセサリーは、フレームのキーアイテムになってくれそうです。

また、枯れ枝や貝殻など、気になって拾ってはみたけれど、飾る場所がなかった・・・なんていう自然素材もカレイドフレームには似合います。

カレイドフレームをおしゃれに飾るアイデア、いかがだったでしょうか。季節や好みに合わせて、いろいろなアイデアを楽しんでくださいね。

キットを見る>>

 

オンラインワークショップでキットを一緒に作ろう!

今回Craftieでは「国際女性デー スペシャルワークショップ」として「ミモザでつくるカレイドフレームの花飾り」キットを一緒につくる、オンラインワークショップを開催します。

詳しくはこちら>>

 

モダンカリグラフィーワークショップ開催

アイディア3でご紹介した素敵なカリグラフィーは、ジャカルタ在住の世界的なカリグラファー、ヴェロニカ・ハリムさんの作品。そんなヴェロニカ・ハリムさんのモダンカリグラフィーワークショップも特別開催!

詳しくはこちら>>

 

春いちばんのミモザ体験をお届け!

Craftieでは、ミモザの季節に楽しみたい情報をお届け中です!ミモザでつくるハンドメイドキットやこの時期ならではのワークショップ、おうちで楽しめるミモザのハンドメイドなどなど、もりだくさん。ぜひご覧ください!

← 前の記事 次の記事 →