手作りのぽち袋で ささやかな新年のご挨拶を

お年玉を包むものとしておなじみのぽち袋。市販でもさまざまなぽち袋がありますが、ほんのひと手間をかけて自分らしく手作りしてみませんか?

 

 

ぽち袋の「ぽち」は、小さいもの、少しだけ、という意味の関西発祥の言葉。その昔、芸妓さんなどに心づけを渡す際に、半紙にくるんで渡していたものが、やがて袋状になり、今のような袋になったのだそう。 

このぽち袋、手作りするなら折り紙がちょうどいいサイズ。写真のぽち袋は、折形(おりがた)の包み方を参考に作りました。折形とは、室町時代に生まれた武家礼法のひとつで、1枚の紙からハサミを使わずに折り包む、日本独自の美しい文化です。

 

小さな消えものを差し上げるときに

ぽち袋は金銭を包むほかにも、小さな消えものを差し上げるときに重宝します。三つ折りにした紙幣がちょうど入るくらいサイズは、お茶やお香などを入れるのにぴったりです。

お気に入りのお茶に出会ったら、1杯分を袋に入れておすそわけ。透明な袋に入れたら茶葉もよく見え、ぽち袋をあけたときに思わずにっこり。この袋は配送用ビニールバッグ(5.5×7cm)として、100円ショップのフリマ用品コーナーで見つけました。折り紙で作ったぽち袋にジャストサイズ。ぽち袋と合わせて常備したら使い勝手がよさそうです。

 

 

長さ7cmのミニサイズのお香も嬉しいくらい、このぽち袋にぴったり。こちらのお香は、東京・日本橋のはいばらで見つけた「薫路」シリーズの花圃(かほ)です。ぽち袋に包むそばから白檀のいい香りが漂い、幸せな気持ちになりました。

 

 

受け取った相手が負担に感じないほどの、小さな消えものを新年のご挨拶に。手作りのぽち袋に包んで手渡しすれば、温かな気持ちも一緒に伝わりそうです。

 

季節を楽しむおすすめアイデアを紹介中♪

Craftie Homeでは毎月、その季節にぴったりな特集を公開中!
おすすめのアレンジアイデアや素敵な飾り方、暮らしの中での楽しみ方など、キットをより楽しめるコンテンツを順次公開しています。

季節を楽しむおすすめアイデア特集はこちら>>

 

← 前の記事 次の記事 →